FC2ブログ
2010-05-21

信頼か・・・・

来月の最初の練習に「体験会」を行う予定。

自分は当日東京への出張が入ってしまった・・・。
どうしても外せない商談があり、こればっかは別の日に出来ない。
非常に残念。

という訳でも、2人のスタッフに全てお任せした。
まぁ、うちの強力なスタッフだから当日は何ら心配はない。
普段もそうだが、協力的かつ信頼があるからこそ、こうやって安心して
一緒に出来る。


先日、あるチームの指導者と話していて、こんな質問された。
子供達が信頼する指導者とは?

難しい質問だったが、思わず、
一番近くで見てる人」と答えた。

もちろん、分かり易い指導が出来る、バスケのノウハウを知っている、
或いは、強いチームを作れる事が出来るというのも1つの答えかもし
れないが、子供達にとっては、いつも傍で見てくれる人が一番信頼
出来るのではないだろうか?

正直、子供には大人の事情(役職)なんか関係ないからね。
普段から見てもいない人に突然小言を言われても???だ。
人伝えの話だけで、如何にも全て分かってますって言われても、
一生懸命やっている子供達が可哀そう。

純粋な子供達は、実際そのあたりはよくわかってる。
現場の一線で見ている人が子供達にとって一番ではないのかな?

そして、その方もやはり同じ考えに近かった。
だから、よっぽどの事がない限り、練習はほとんど顔も出すとおっしゃ
っていた。

その方曰く、
自分の目で見ないと本当の指導が出来ない」、

そして、
自分が辞める時は、子供の傍にいれなくなった時」と・・・。

非常に重い言葉だ。

信頼って、されようと思うものではなく、勝手にされるものだと思う。
だからこそ、今一度自分の姿勢を見直したい。







スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground