FC2ブログ
2010-05-07

目線を変えて

中学になると好きなクラブ活動だけやり、ただ「バスケが上手く
なりたい」と考えているだけではダメみたい・・・。

勉強があって、テストもあって、宿題、家の手伝い etc.

自分も以前ブログ内で「好きな事をするなら、嫌なこともやれ!」
って書いたが、それって実は大人目線なんだよね。
もちろん、多少余分に人生を歩んできた先輩として、少しでも良い
方向に歩んでほしいと言う願いもそこにはあるのだが・・・。

じゃ、自分が子供のころはどうだったろう?
嫌いな事から逃げて、好きな事ばかりやってたなぁ(笑)
親の小言なんて、「ウザい」としか思えなかった(大爆)

大人になって、社会で勉強し、いろんな人の話を聞き勉強し、
子供ができてから、やっと分かる。
そう、あれから何十年も先の話だ。

子供は子供なりに言い分はあるだろう?
まぁ、全てを聞く訳にはいかないが、長い目で見て時には、
子供目線で考えてあげてもいいのかも?
だって、いろいろあるんだからね。
奴らも奴らなりに頑張ってるんだよな。


では、「良いチーム」てなんだろう?

「強いチームのこと?」、
「しっかり技術を教えられているチームのこと?」、
「礼儀作法が出来ているチーム?」或いは、
「テキパキ行動するチーム?」
それらは大事で、チームにとって必要な事だが、それは他人
目線の話。

子供目線で良いチームって考えると、
奴らが自分自身で良いチームだなって思った瞬間」が
良いチームじゃないのかな?
その想いは、「ただ楽しいだけかもしれない」或いは「仲間がいる
だけかもしれない」。

それでも良い!

奴らにとって、「そこが自分の居場所であれば」ね。

言葉だけの綺麗ごとだけじゃなく、今後BEAT jr.が
心のよりどころ」になれば最高だな。


ただ、奴らに、最低限言い続ける事は

人様には迷惑を掛けない様に!
感謝の気持ちを忘れない!

これだけは譲れない。






スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground