FC2ブログ
2010-05-01

今日はミニバスの練習。
忙しい中、ジュニアのメンバーが3名駆けつけてくれた。

毎年この時期になると部活にもの足りない?中学生がミニ
の練習に来てくれる。
ただ、たいていの卒団生はほとんど片隅のゴールを使って
シュート練習?

ゴール、コートを求めて来ている?子が正直多い?

ただ、それがBEAT jr.のメンバーなら話は別。
まだまだ、教え子の進行形。
「シュート練習なんて他でやれ!」勝手は許さない!

そうゆう訳で奴らにチビッコ達の指導をお願いした。
もちろん教えるだけではなく、一緒にやる。
ハンドリング、ドリブルワーク等の基礎をね。

そう、後輩指導プラス自分の練習だ。
お手本を見せるには手を抜けない、教えるのにも適当な
事は言えない!
ある意味「良い練習」になる。

でも、嫌な顔せず、楽しく教えてくれるメンバーを見ると
少し頼もしく見えた。

なかなか、いい奴らだ!


ところで、自分の指導のモットーは
「真剣の中にも楽しさがある」事。
グダグダは嫌だ、ただいつも緊張しっぱなしでは、正直
子供はもたない。

練習の合間にも、時には笑顔が出る様な言葉、出来事、
練習がないと楽しさも見つけられないと思っている。

幸い、現在のBEAT jr.の練習は人数は少ないが、皆
楽しくやっている。

良い感じだね。

それも、頼りになるスタッフ、父母のバックアップが大きい。
子供を中心に「三位一体」の「」がある。

それが今の「BEAT jr.









スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground