FC2ブログ
2010-04-15

BEAT本体と・・・

たかが、バスケットボールでこんなに輪が広がるものだろうか?

昨日はBEAT jr.のスタッフ3人でBEAT本体の代表の方と話を
させて頂いた。
名前を使わせて頂くにはそれなりに筋道を通さなければいけな
いし、自分達の思いもしっかり伝えておかなければならない。

しかし、代表の方の第一声は、
「なんでBEATじゃなければいけないの?」
「別にBEATじゃなくてもいいんじゃないの?」

ごもっとも・・・。

それでも、その経緯を3人で何とか代表に伝えた。
BEATで仲間が集い、BEATだからスムーズに活動を開始できた
旨、今後、BEATで活動していった時、次のステージの伝え方が
ある等々。

しかし、話のいきさつの多少の誤解はあったものの、
結果的に代表の心を動かしたのは子供達の行動だった。

丁度、先日違うクラブチームの練習にお邪魔させて頂いた時の
こと、練習後にBEATの子供達が一人、一人、皆の前で自己紹介
をした。
そこのクラブチームは男女総勢60名あまり、かたやBEAT jr.は
”6名”。

奴らは大勢の前で堂々と「BEAT」の名を語っていた。

その話を聞いた代表は「BEAT jr」の活動を快諾してくれた。
さらに、話はどんどん進み、大人のBEATの練習にも呼んで頂くと
も言って頂いた。

有難い!

以降の話し合いは終始和やかな場となっていった。


このBEATの代表、話をすればするほど思いが伝わってくるというか、
味わいがあるというか、とにかく楽しい人物である。
でも、その中に自分のポリシーがきっちりあって、素晴らしい自分理論
を持った人だ。

話を聞いているとかなり自分とダブルところもある・・・。
それはおいておいても、有意義な一日となったのはたしか。
結局話も尽きず、家路についたのも、夜中の3時前。

でも、楽しかった!
うちのコーチ達、一人は翌日出張で松山、もう一人は健康診断。
大丈夫だったかなぁ(笑)

たかがバスケでまた一人、友と呼べる人と出会えた

やはり、「されどバスケ」だね。
また、楽しいバスケ談義をしたいな。


ところで、今日も臨時練習を行ったのだが、昨日の出来ことを
子供達に伝えた。

しかし、それは不要だったみたい、
なぜなら、子供達が既に
自分はBEAT jr.の一員」だと自負していたから。




スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground