FC2ブログ
2010-04-13

BEAT jr.立ち上げに至って

ジュニアを立ち上げようとした理由はいくつかある。

自分が指導をしているミニの卒団生の受け皿を作るという事も
1つの理由であるが、それだけではない。
そうであれば普通にミニの名前を使ってジュニア登録をすれば
容易に作る事ができる。

ただ、いろんな人の話、アドバイスを聞いてみると、目先の事
だけの行動ではなく、今後のビジョンを考えたチーム作りが必要
だと感じた。

「BEAT」は、そもそもクラブ連のトップクラスで活動をしている大人
の男女チームと上のマスターズに登録しているチームである。
関係者には、ミニバスを教えている人もいて、現状ないのはジュ
ニアチームのみだった。


BEAT関係者の方と何度か話しをしているうちに考え方も一致。
BEATの繋がりで、協力してくれるスタッフも見つかり、
結果的にミニから大人までバスケ活動が一環して出来る「BEAT」
でジュニアチームを作る事になったというわけだ。

とりわけ、ミニ、ジュニア、大人の活動は別々だが、時にはジュニア
がミニへ、或いはジュニアが大人のチームへと一緒に練習をさせて
貰う事も可能。
年齢も関係なく幅広い考えと広い視野でバスケットを追求する事が
出来るメリットがある。

でも、BEAT jr.というチームで活動しようとした大きな理由は、
BEATで知り合った、協力してくれる仲間がいた事とBEATからのバック
・アップで、スムーズに立ち上げる事ができる事、これが大きい。

そのジュニアを作る際に、良く思わない人もいた、
ただそれ以上に助けてくれる人が大勢いるから無事に立ち上げれた
のだと思う。

そして、感謝の部分で忘れていけないのは、ミニバスの存在である。
自分は丸8年間ミニに携わってきたが、そのミニバスの繋がりで今の
ジュニアがあるのだと実感している。
ジュニア活動で今までのようにミニで全力を注げないかと思うが、
時間の都合が付く限り、ミニも見て行きたいと思う。


BEAT jr.が始動して1ヶ月も経っていないが、練習がない日に笑顔
で合同練習に声を掛けてくれる方もいれば、実績のない我がチームに
大会参加を勧めてくれる方も大勢いる。

BEAT jr.」は現在、皆の助けで活動させてもらっている、

非常に幸せなチームである






スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground