FC2ブログ
2010-04-07

人との繋がり・・・

真っ白な状態から始まるジュニア・バスケ。
まだ、実績もないし、人数もままならない状態。

しかし、そんな状況でも、いろいろ面倒を見てくれる、
声を掛けてくれる人が沢山いる。

非常に有難いことだ

ミニバスを8年指導してて、その繋がりもあるが、
他に審判の繋がり、あるいは息子の高校の繋がり等
バスケットで人と繋がり、今、助けて頂いている。
スタッフもその繋がりで集った仲間だ。

ちょうど来週もそうだった。
体育館の使用上の関係で、来週は練習が出来ない。
たまたま、電話がかかってきた違うクラブの監督に
相談してみたら、「うちの練習に参加すればいいよ」と
快く言って頂いた。

それも週2日も。
さすがに、おこがましいと思い、1日だけお願いした。


チームが出来る前から既に大会参加の声を掛けて
もらってるところもある。


感謝の一言


ジュニアも軌道に乗ったらこの人達に恩返しもしなくては
いけない。

だが、先にやることは、
継続して付き合って頂けるチーム作りをする事だ。


でも、団員にもわかってほしいな、
「自分がバスケをしたいから出来ているわけではない」事を。

両親や他の人達の助けがあって好きな事を
やらせて貰ってるんだよ

スポンサーサイト



Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground