fc2ブログ
2024-04-07

第一回郡上カップ

今週は岐阜郡上で行われた「郡上カップに」
参加させて頂きました。郡上のBrotherで
ある愛ちゃんの主催、今回もお誘い頂き誠
に有難うございました。
さてこの大会は第一大会となるが、遠方は
広島のユースを始め兵庫、大阪、奈良県の
関西勢に神奈川県、中部圏の三重、静岡、
主催県である岐阜県、そして愛知のBEAT
がこの地に集まりました。
どのチームも各県のトップクラスの力を
誇っており非常にワクワクする大会です。

1712578034750.jpg

初日はブロック予選からスタート。
3チームでの総当たりで翌日の順位戦を
決めるもの。
BEATの予選は初戦からいきなり静岡トップ
の力を持つ私学の中学校との対戦に広島
のBユースチームとの対戦で死のブロック。
でもこの時期に格上相手の対戦は今現状
の力を確認する絶好なチャンス。
攻守共にこれまで通り戦ってみて良し悪し
を評価してみようと思います。

1712578262544.jpg

初日の予選、結果から言えば1勝1分け。
勝敗で見れば予測に反してよく戦ったかと
いう感じだが、その中身は納得の行くまで
ではない。
先ず相変わらずパスミス、トラベリング等の
イージミスが多過ぎる、そこに加えショット
の不安定が壊滅的。
同点で終わったチームとの対戦も後から
動画を見直してみると差を付けられたクォー
ターのショットは10点分は軽く落としている。
それはタフショットでもなくただのイージー、
要は自滅。
ここ最近、ずっと言い続けている個のシュート
力、ここを向上させ精度を上げていかないと
上へは絶対いけない。

1712578207042.jpg

一方ディフェンスに関しては安定しており、
そこでゲームを何とか作っている感じ。
ただ残念だったのはこの予選の2試合目に
ディフェンスの一番の要である選手がまさか
の骨折、完治2ヵ月とチームにとっても非常
に大きな痛手を負ってしまった。
少しでも早い完治を願ってますが、その変わり
になる面子のレベルアップが急務となった。

1712578016653.jpg

そして本大会の2日目は昨日のブロックでの
得失点差で僅かに劣り2位で上がり交流戦
に回った。
でもその交流戦でも正直レベルは高い、昨日
に引き続き気を引き締めて戦っていきたい。
初戦は兵庫のチームとの対戦は序盤、昨日
同様シュートが落ちる・・・。
この試合も何とかディフェンスで我慢して入っ
ていった後半は前半と真逆にシュートが入り
出す。そうなると徐々に点差がつき出しその
まま流れを渡さず勝利。

1712578001776.jpg

最終試合は神奈川県のチームとの対戦。
仲の良い相手監督さんと申し合わせ
ベンチメンバー主体でゲームをさせて頂いた。
せっかくの出番、これをチャンスと思ってアピ
ールするのか、自分の出来る事のみを淡々
とするのかは個の意識次第。
こういった試合でギリギリの試合になった時
出せるのか出せないのかの判断材料にさせ
てもらってます。
最低限、練習通り、練習の最中で言われて
いることは披露してほしいところ。
結果こそ勝ってはいるが、個の動きも決して
褒められたものではなくストレスの溜まる試合
になってしまった。
先ずはチームスタイルを遂行するところから
始めなければいけない内容だった。

1712578075736.jpg

この大会3勝1分けの結果。
県の上位レベルのチームにも簡単に負けない
力はついてきてます。チームディフェンスも
安定してきており、守りに関しては最後の
調整だけ。
後はオフェンス力向上、それのみ。
もうやる事は1つだけ、以降の練習で自分に
付加をかけながら試合で使えるオフェンス力
を磨いてほしいね。

1712578129898.jpg

最後に大会運営にご尽力頂きました主催
チーム関係者の皆様並びに愛ちゃん、参加
チームの皆様2日間大変お世話になりました。
新たな県外チームとも新たに繋がり、また
幅広い活動が出来るようになりました。
そして対戦させて頂きましたチーム皆様の
お陰でチームの力を知り課題も明確になっ
た事に感謝しております。
これからもお付き合いのほど、どうぞ宜しく
お願い致します。

続きを読む »

スポンサーサイト



2024-03-30

BEATカップ新人戦2024

本日は岐阜県の板取でBEAT主催の大会
「BEATカップ新人戦2024」を開催。
そもそも岐阜県にゆかりがあるBAETは
主催大会の場所もやはり岐阜県。車で
2時間ほどかかる山奥で大変だが、利用
しやすさを優先しこの体育館で行いました。

今年の新人戦は遠くは長野、滋賀、福井、
三重県の強豪クラブチームに加え岐阜県
チームを2チーム、そしてBEATは主催の
特権をおもっきり利用させてもらい、Aと
Sの2チームエントリーし計8チームの
トーナメント方式のカップ戦を行いました。

新人戦という事もあり各チームのレベルも
分からず仕舞いで組み合わせも不安でしたが、
どの試合も接戦、非常にレベルの高いチームが
集まり面白い試合が繰り広げられていましたね。

1712038292615.jpg

さてBEAT Aは初戦は長野県のチームとの
対戦、2試合目は三重県のチーム、最終試合は
滋賀県のチームと対戦させてもらい結果は全て
勝利し優勝。
どの試合も言えるのは先ずチームのスタイル
であるディフェンスを1Qの入りから強固に
行いそのままオフェンスに繋げていく形を
最終クォーターまで徹底的に貫いた。
結果フルゲームで全ての試合を50点以下に
抑え失点目標もクリアできたことが勝利に
結びついたのではないだろうか。

1712041691295.jpg

また、ここ最近の大きな課題であるオフェ
ンスに関しては今日はどの試合も要所で
ショットが決まりいつも以上の得点を取れ
てはいたが、個のスキルとしては正直安定
していない。

1712037929817.jpg

ただ、各試合でスコアラーが変わり不安定
さを各メンバーでカバーしながら得点を重ね
ていけたのは成長の1歩かもしれない。
言っても、やはり個の安定したシュート力を
身につける事は急務。
この序盤の時期に結果を残して安心するの
ではなくさらに1歩も2歩も上に行こうとする
高い意識で以降も取り組んでほしいと思います。

1712038052213.jpg

一方のBEAT S。
初戦は滋賀県のチームとの対戦から始まり
2試合目、3試合目は岐阜県のチームと対戦
させて頂いたが、残念ながら勝利とはならず
全ての試合を敗戦で終えた。
Aチームと試合が被っており全ての試合を見る
事は出来なかったが思ったより駄目ではなか
ったのが俺の印象。

1712038088022.jpg

ではAチームとの差は?
ぶっちゃけ身長でもオフェンス能力に関しては
AとSの大きな差はない。
あるとするならばディフェンスを重要と考え
そこに拘りを持っていないこととチームで攻守
する意識が足らない事。
カバーするための2線、3線やローテーション、
リバウンドまでの意識が低く、人任せなディフェ
ンスになりそこから攻められてしまっている事が
多い。

オフェンスに関しては個の役割分担がされて
おらず、各個人が頑張り過ぎる故にミスが
出てしまい、そこから失点というパターン。
また、どんな場面でも早く進みたいという
気持ちが焦りを生みそこでまたターンオーバー。
場合によっては間を取ることを覚え時に緩急、
駆け引きなども意識していけば、もっとプレー
が丁寧になりミスも減るのでは?
要はちょっと意識を変えれば良くなることも
多いはず。先ずは焦らず1つ1つ課題をクリア
して行く事が上達、チーム力を上げる1歩では
ないかな。

1712038033796.jpg

新年度が始まったばかりで、今大会のように、
1日にフルゲーム3本で勝敗がつく環境の中、
多くの良いチームとの対戦は非常に勉強になり
ます。
本日遠方からお越しくださり、対戦、ご参加
頂いた各チームの皆様、至らない点等のあった
大会だったかもしれませんが、終日誠に有り
難うございました。

結果に満足せず精進し、結果を受け入れて
成長していきたいと思います。
また、主催大会でわがままを受け入れて頂き
誠にありがとうございました。
どうぞ、今年も何卒宜しくお願い致します。

最後にBEATご父兄の皆様、終日主催大会の
運営等、ありがとうございました。
多くのご協力、応援の元、BEATは活動が出来
ています。

1712038041578.jpg

追記
BEATに入団し卒団後スタッフになりこの
7年間BEATを支えてくれたヨウセイがこの日
を最後にBEATを退団。
この春から大阪へ就職、さらに伴侶も見つけ、
新しい生活が始まるよう。
わざわざここまで足を運んで挨拶に来てくれ
ました。

入団時から数えたら10年、ヨウセイの人生の
半分近くを一緒に過ごしました。
長い間、ほんと有難うございました。
向こうに行っても頑張って、そして良い家庭を
築き楽しい日を過ごせるようお祈りしてます。
時間が空いたらまた遊ぼ。
お疲れ様でした。

THANKS YOU FOR BEAT FAMIL♪

2024-03-20

b.ballカップ

本日は愛知県内のプロバスケットボール
ショップ、b.ballさん主催のb.ballカップに参加
させて頂きました。
今回14回目となる本大会ですが、BEATと
しては今年で10大会目となる参加。 
これまで多くの良い経験を積ませており
ますが、今回も過去同様次に繋がる日に
したいところ。
 
フルクォーターのブロック予選が2試合に
順位戦があり終日で3本のゲームが組ま
れていますが、今回は優勝等があるカップ
戦。普段の交流戦と違い勝ちに拘り全員で
戦っていきます。

1711268950104.jpg

その予選の初戦、ディフェンスは機能して
点差こそ広げているものターンオーバー、
イージーショットを決められず内容は決して
誉められるものではない。
それでも失点は最小限に抑え勝利。
試合こそ勝ってはいるがストレスの溜まる
試合になってしまった。

1711268819311.jpg

予選2試合目はベンチメンバー主体でスタート。
序盤から激しくあたり大きく差をつけると
最後まで力を抜かず、相手に合わせずこの
試合は快勝で決勝に駒を進める。

そして決勝戦、相手は自分がミニバスの
指導をしていた時代の友達が指導するチーム。
コートを分けて対戦するのは16年ぶりかな。
お互い年はとっているが何だか感慨深く
ご縁を感じましたね。

1711268829458.jpg

その対戦相手は3年生主体のチーム。
本大会はU15と言うこともあり、3年生も参加
可。でもこれまで高校生との対戦も何度か
繰り返してきてるので、上の学年との対戦
ではもう萎縮はないだろう。せっかくなら、
これまでの経験の成果を見せてほしいね。

この決勝戦、タイトなディフェンスから入り
プレッシャーを与えそのまま得点に繋げて
いくと序盤から流れを掴み点差を広げていく。
2Q、3Qも攻守ともに攻撃の手を緩めず攻めて
いき、さらに点差を広げ最終クォーターは
ベンチメンバーも参加で全員で快勝。
この大会、昨年に引き続き優勝で締めた。

congratulation♪
先ずは2連覇おめでとう♪
よく戦いました。

1711268853968.jpg

ただ優勝は正直嬉しいがぶっちゃけ内容
は求めていたとことは離れている。
それを彼らは理解しているかな?
毎回同じようなミス、イージーなショット
を外しているようでは次のステージには
いけません。

毎週のように、多くのチームと対戦させて
貰っているが、その割には修正能力が低く
過ぎるように思えるのは俺だけなのかな?
現時点の交流戦、カップ戦などはある意味
実践練習の場。ただこなすのではなく、
毎試合成長を図れるよう個が考え、常に
先を行こうとしなければ成長はありません。
今の自分に満足ぜず次のレベルに挑戦
してほしいと思います。

1711268856953.jpg

本大会、多くの知った仲間が集まり居心地
の良い場所で過ごす事が出来ました。
主催のチーム、ご父兄の皆様並びに主催
会場である愛知高校の皆様終日誠に有り
難うございました。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2024-01-28

中津川ウィンターカップ

今週末は中津川で行われた「中津川ウィンター
カップ」に参加させて頂きました。
昔からゆかりのある岐阜県のチームが主催、
岐阜県のチームに育ててもらっていると言って
も過言じゃないBEAT、この2024年度最初の
カップ戦が岐阜県とは、ほんと縁を感じます。

さて本大会は2日通しのカップ戦、初日は3つ
のブロックに分かれそれぞれ対戦し、翌日
各ブロックの順位に分かれ最終順位を決める
大会。
チームとしては先ずディフェシブなバスケに
標準を置きながら次なるオフェンスの準備を
する為、この実践の場でいろいろ試していき
たいところ。

1706516001645.jpg

予選は同じブロック内にいる4チームで総当た
り戦を行うが、初戦はディフェンスがしっかり
機能し各クォーター最小失点で全員参加で
良いスタートをきった。
2試合目に入る直前、キャプテンでありガード
のメンバーが体調不良で帰宅となってしまう
と、2試合目はボールが回らず攻撃力が落ち
僅差のゲームになってしまう。それでも要所
でディフェンスで粘り勝利を掴む。
最終戦の3試合目、この試合も1線からハード
に当たり相手に好きな事をさせず点差を広げ
ていき、この試合もメンバー全員参加で快勝
で終わり予選は1位通過で明日のリーグに
挑む事となった。

1706527005418.jpg

初日終了後、全チームの得失点のデータが
出たが参加12チームで失点が最小だった
BEAT、先ずは練習した成果がしっかり現れ
ちょっと安心しました。

大会2日目は3ブロックの1位同士の3チーム
が総当たりで順位を決める決勝リーグ。
初戦、岐阜県の老舗強豪チームとの対戦、
個のIQが高い面子を揃え幅広いオフェンス力
を見せる格上に現在のディフェンスがどこまで
通用するかを試したかった。
序盤からチームディフェンスが効きタフショット
を打たせ要所でスチールし得点を積み重ねて
いくと前半は思ってもいない点差でリードする。
しかし後半、ショットが落ち出したBEATとは
逆にアウトサイドの3Pが入り出した相手に
圧されると2桁あった点差を一気に詰められ、
残り26秒で貯金は1ゴール差とされてしまう。
それでもこの時間を何とか凌ぎ接戦を制し
勝利で終える。

1706515942820.jpg

そして最終戦。
相手は同郷のやはり強豪チーム。
うちとは真逆でスーパーオフェンシブなチー
ムで個の得点能力も非常に高い。
まさに盾と矛の戦い。
序盤、ハーフからのプレッシャーディフェンス
でターンオーバーを誘い出しスチールからの
速攻で得点を積み重ねて行き流れを掴む。
一方ハーフコートでのオフェンスもインサイド
からの個人技で得点を量産すると他メンバー
もシュートを落とさず幅広い攻撃から得点を
量産。前半を終えて大きくリードする。

後半に入って力を緩める事なくあたり、点差を
さらに広げていくと3Qの後半からベンチメンバー
と入れ替えそのまま快勝で終える。
本大会を無事優勝で締める事ができました。

NICE GAME
最終試合は今シーズン1のゲームが出来
ました。
おめでとう♪

1706515979484.jpg

この2日はまさにディフェンスから攻撃を仕掛
けオフェンスに繋げる理想の形を表現する事
が出来ての勝利だった。
ただここで満足はしていません、まだまだ
細かな部分の課題はあり修正して行く余地
はあります。
さらに合わせてオフェンス練習にも着手して
得点をとる能力をより強化していきたいと思い
ます。

練習した事の結果がが見れたのもこのような
機会を頂いたから。相手もいなければ披露すら
出来ない。
この大会にお声かけして頂き運営に尽力して
頂きました主催チーム関係者の皆様2日間
有難うございました。
また対戦及び懇親会で楽しく過ごさせて頂き
ました各チームの皆様有意義な時間を過ご
させて頂き感謝です。
これからもどうぞよろしくお願いします

2023-12-27

高山 あららぎカップ

本日から2日間、岐阜県は高山で行われる
「あららぎカップ」に参加させて頂きました。
本大会、3年生最後の遠征で半ば卒業旅行
扱いで行かせて頂いています。
最後までBEATらしく戦ってきてください。

1703749072717.jpg

また、年末の平日という事もありまだ休みも
取れないスタッフが多くいる中、今年も美濃
から山岡コーチが一人で帯同して頂き2日間
指導をお願いしました。
いつも有難うございます、感謝です。
昨年は寒波で大雪で大変だったようだが今年
は冷えてはいたが天気に悩まされる事なく
過ごせた模様。

1703749885610.jpg

この遠征には8名の3年生達が参加。
残念ながら全員参加といかなかったが、地域も
学校も違う仲間が1つ屋根の下で同じ釜の飯を
食べ過ごす事はBEATの中ではもうないだろう。
せっかくなら良い思い出の1つとなるよう楽しみ
ながら全力で挑んでほしいな。

さて、本大会は幅広い地域から20チーム以上
の多くのチームが参加しており2日間みっちり
ハーフゲームをやらせて頂ける。
2日で8本、最後に良い経験が出来有難い限り
です。

1703749066117.jpg

親御さんから結果を随時報告があり2日間とも
結果を残しながら皆楽しくやっているようでした。
選手権までではないものの、BEATのバスケは
常に真剣、全力。
決して後ろ指を指されず応援されるチームを
目指してます。
この大会でもしっかり緩急をつけながら節度
守って生き生きしながら試合を楽しんでいたと
山岡コーチからも連絡受けました。

1703749025182.jpg

本来ならこの場で最後の雄姿を傍で見たかった
のだが、俺の手から離れてもしっかり戦う事が
出来たと思えば成長したんだなって感じます。
お疲れ様。
最後に良い思い出が出来て良かったな。

1703814491731.jpg

BEATは比較的県外の遠征が多いチーム。
ただ簡単に行く事は出来ず、声をかけてもらい
相手がいて、そこにスタッフ、親御さん達が
いてその遠征がはじめて成立する。
当たり前と思わず、常に感謝の気持ちをもって
戦ってほしいです。山岡コーチ、親御さん達
2日間有難うございました。
親子共々皆が楽しい記憶に残る日になって
良かったです。

1703814524825.jpg

最後にあららぎカップ関係者の皆様並びに対戦
相手のチームの皆様2日間誠に有難うござい
ました。
最後に貴重な経験をさせて頂き感謝です。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground