FC2ブログ
2021-08-14

ジュニア交流会

この週末の2日間でジュニアの交流会に参加させて頂き
ました。例年県内のジュニアチームとの交流機会があまり
ないBEATですがこの2日で多くのチームとの経験をさせて
もらえる機会を頂き先ずは感謝です。
昨日高校の交流会を終えたばかり、せっかくなら昨日の
教訓をしっかり意識しながら今日の試合に臨んでほしい
ところ。
また毎年ディフェンシブルで早い攻撃がチームスタイル
とうたっている我がチームだが、ここの所このスタイルを
全く意識出来ずチームスタイルが崩壊されつつある。
この機会にもう一度原点に戻り、チームとしての約束事
を細かく徹底してほしい。

この2日間で参加チームも変わり計9チームとの対戦が
組んでありいろんなシュチエーション練習が出来ます。
ほとんどの3年生が参加したBEATですが全員に同じよう
にチャンスは与えます。この機会で個々、チームとして
多くの良い経験を積んでもらいたい。

今回多くのチームと対戦させて頂いたがチームの数だけ
スタイルの色、個の力が違う。
だからこそ相手に応じてディフェンスシステムを変え守り
から攻撃に繋げていくのがBEATのスタイル。
今回も多くのディフェンスを試してみましたが、まだ目的
意識の統一はなく微妙に噛み合わないでいる。
それでも良い形でハマった場面も要所で見られ後は課題
として持ち帰って練習で調整を繰り返していくしかない。

試合を積み重ねていくとディフェンス意識はやや変わって
良い場面が出つつあるが、個のオフェンス力のムラが激し
く不安定さ加減はちょっと頭の痛いところ。
決してタフなショットを打っている訳でもなくただイージーな
ショットを外し続けているだけ。
いくら頑張ってディフェンスをしても、全力で走ってボール
を追いかけ試合の中身は相手を圧していても肝心な得点
を取れなければもはやバスケの試合にはなりません。

ディフェンスの調整と共に個のオフェンス力のアップも急務
のようだ。言ってももう時間はあまりない、悔いのないよう
終わる為にはもう少し高い意識を持ち個の努力を惜しみ
なく練習に励んでもらいたいね。

最後に細かなご配慮と安全、安心出来る環境を与えて頂き
ました主催関係者の皆様並びに対戦相手の皆様2日間誠
に有難うございました。
また機会が合いましたら是非ともお相手お願い致します。


スポンサーサイト



2021-08-13

高校交流会

本日は高校が集まる練習試合の中に中学生のBEATを
混ぜて頂き交流会をさせて頂きました。
コロナ禍という事もあり安全対策は勿論ながら2面を最小
チーム数でまわし終日ハーフゲームでお相手してもらい
ました。

参加されたチームは県大会出場の常連高校が数チーム。
中学生相手にも決して手を抜かずガッツリオールコートで
当たってもらい午前の1周りはそれはそれはコテンパンに
叩きのめされます。
試合冒頭にBEATメンバーには今日の練習の目的は
メンタル面を鍛える練習と伝えていました。
高校生の強いフィジカル、早いバスケ、そして上背の差も
大きくあるところに決して途中で折れない精神力、負けじ
に最後まで向かっていくチャンレンジ力、人任せにしない
責任力等々全てがメンタル練習。

20210813_115206.jpg

個のパフォーマンスを安定して出せないでいるのは当然
練習不足という事もあるが個々のメンタル面の無さも大き
く関与してると考えています。
こんな経験をさせてもらえる事も年間を通してあまりない。
せっかくなら失敗を恐れない強きな姿勢で最後まで戦う
精神を培ってほしいと意識つけさせていました。

それでも午後からの後半はようやく高校生のあたりに
慣れてきたのか点差こそ試合にはならないもののある
程度返す事も出来き少しだけ小さな自信をつけさせて
もらい次に繋がる経験をさせて頂きました。
以降同じ中学生と戦う時には今日の教訓、経験を意識
してほしいと思います。

ところで今回参加して頂いた全ての高校にBEAT OBが
それぞれ所属している。
学年は違えども全員がメインで活躍しており、その姿を
傍で観てると何だか感慨深いそして成長の証を見る事
が出来嬉しく思えましたね。

このコロナ禍の中全てのカテゴリーのケイジャー達が
思うように活動が出来ていません。
それでも安全対策をしながら悔いのないよう頑張って
ほしいです。
本日はお忙しい中交流して頂けました皆様、終日誠に
有難うございました。

2021-08-09

リーグ戦 二期

今年度から始まった愛知県バスケットボール協会U15
部会主催のリーグ戦。
試合経験を積む意味で日程が合えば積極的参加させて
もらってます。この日は2期目のリーグ戦に参加。
やる事は昨日の終日練習で練習してきた事と改めてディ
フェンスから攻撃に移るチームスタイルの確認。
正直勝敗には拘っておらず内容重視、だからチャンスは
来たメンバー全員にしっかり与えます。
その中で自分の出来不出来、或いは力を知ってほしい。

その初戦、先ずは普段のスタートメンバーとは違う面子
で入ってみた。人に頼らず自分の力で打開しチャンスを
モノにする、そんな強い気持ち望んでほしかった。
序盤は必至になって戦う姿も見られ点数も均衡した試合
が続き全くのイーブンで入る。
2Qもやはり同じような展開でメンバーを変えてもそれぞれ
が自分の仕事をこなしていき前半を終えほぼ互角。
後半に入り集中力が切れだすとやはり徐々に点差が
離れだしてきた。
そうなると人に頼ってスチール、スペースを全く無視した
強引なアタックで自滅、挙句の果てにディフェンスの足も
止まり意気消沈状態。
この現実を見て今の自分の力を理解して精進してほしい。

そして最終クォーター、かなり不利な状態からスタメン
に切り替えシュチエーション練習。2桁の差をどうやって
追いつくか。オールコートを駆使しながら早めなシュート
セレクトで得点を取りに行く。結果何とか逆転し試合を
終えた。
課題であった早いトランジションは未だかもしれないが
最低しなければいけない動きは出来ていたかもしれない。

2試合目は同じ地域で活動する強豪チーム。
この試合は最初からスタートメンバーを入れガチ対決。
上背はない相手チームだが個人の能力は高く動きも激しい。
この試合の拘りはリバウンドとタイトな1線、カバー意識に
ヘルプサイドからの飛び込みのバンプ。
序盤の精度はなかったものの2Qから機能し出し得点差
を徐々に広げ前半終了。
後半は初戦同様ベンチメンバーにもチャンスを与え戦っ
てもらったがやはり力の差があり一気に離され敗退。

試合後に奴らに伝えたがスタメンとベンチメンバーの個
のスキルの差に正直そんな大きな差はない。
ただ考える、練習した事を披露しようとする意識や個々
の役割の理解度のある無しが差になって表れている
だけ。声1つとってもそう、ハンズアップでもそうだが、
いつも言われているほんの些細な事をしてる者とそう
でない者の差なんだよね。
もう1つ高みを目指なら個のマインドをもっと上げていく
必要があるようだ。

2021-08-02

失礼

この4月から毎月1回、大人のクラブチームとの練習試合を
させて頂いている。この週末のカップ戦が終わった直後の
夜も即移動しいつものようにお相手させて頂きました。
20代から幅広い方々がいるチームだが中心は20代、30代
のメンバー。皆それぞれひと昔は全国経験或いは強豪校
でならした猛者ばかりでここの地域では相手がいないほど
レベルの高い大人のクラブチーム。
そんなチームと中学生のBEATでは正直練習にすらなら
ないくらいの差はあるが、そこは大人の対応で気持ちよく
練習させてくれるから迷惑と思いながら有難く毎月お願い
しています。

うちの練習目的として当然試合で勝つ事ではなくフィジカル
及びメンタル練習が主体。
身体の大きな大人の当たりに逃げずに挑んでいく精神力
だとか、強いフィジカルに簡単に負けずアタックしていく
強い気持ち、格上相手にもいつもとおりのパフォーマンス
が出せるような安定感、こんなところ重点に強化したいと
考えている。
超格上相手の大人と渡り合えれば同じ中学生相手なら
なんら問題も生じないでしょ?

そして今夜の練習、それはそれは悲惨な状況。
この2日間の疲れはあるだろうが、それを踏まえても何も
やらない走らず、もはやバスケにすらなっていない。
いくら相手も手を抜いてもらっていると言えども正直失礼
極まりない。こんなことでは時間の無駄。

あまりの体たらくな姿を見て久しぶりにキレて急遽怒りの
終日臨時練習を入れてやったよ。

ほんと申し訳ございません。
次は少しでも変わった姿勢、中学生らしい行動をもって
行きますので、またお相手して頂けたら幸いです。

2021-04-04

イレギュラー体験

本日は練習休養日の週末だったがひょんなことから
一般クラブ(大人)のチームと練習試合をさせて頂ける
機会を頂いて新チームを引き連れて会場に向かった。
数年前もやはりBEATは知り合いの大人のチームと
対戦させてもらった事があるが、対大人との対戦は相手
によってその善し悪しは変わってくる。

時に大人の嫌らしいバスケや半ばお遊び的なバスケに
なったり或いはレベルの差が開き過ぎてお互い練習に
ならない時だってある。
ただこのコロナ禍の中、カテゴリーの違う相手でも1試合
でも多く経験が出来ることは非常に有難いこと。
先ずは少しでも多くの経験をさせてやりたいという事で
今回は二つ返事でお受けした。

そして会場に着くと知った顔ぶれがチラホラ。
現役の高校生、大学生から元強豪校で腕を鳴らした
選手など年齢層は幅広いが皆バリバリ経験をしたメンバー
ばかり。
せっかくなのでガチでお願いし試合が始まった。

1617592867319.jpg

先ずはフルゲーム1本目。
体格も良く大人という事だけでも委縮してしまう中学生達、
そこは分かっていたので勝ち負けではなく今出来る事だけ
臆さないようチャンレンジすると送り出したが序盤の1Qは
やはり動きに固さが見られ緊張をしているのが如実にプレー
に出てしまった。
ただ2Qあたりから慣れてきたのか動きもよくなり徐々に
自分達の動きが出来るようになってようやく試合らしい形
になってきた。
クォーター毎にメンバーを少しずつ変えディフェンスライン
も変えながら今の力量を見てみたがまだそこは形にはなっ
ておらず今後の課題が残る結果となる。

そして後半に入ると足を動いてきたのか対等までとはいか
ないが一方的な展開にならず食いついていき、最終の4Qは
点数でいったら相手を上回って終える事が出来ました。
この良い慣れというのが1つの経験というものなんだよね。

点数で言ったら20点強の差、ガチではなく軽く流してもら
ったが流石にシュート率も良く、ここぞという緩急の使い方
の上手い選手ばかりで当然現段階では足元にも及ばない。
それでも1試合を通して良かったのは体格の差はあっても
そこまでのフィジカルの違いを感じなかった事と終始攻守に
おいて攻めの姿勢を継続して終えた事は及第点に値したの
ではないだろうか。
スタッツを見ても始めての大人相手に全体でFG50%超え
は頑張った方かな。

1617592874411.jpg

そしてその後、残りの時間で3Qの対戦。
参加メンバーを全員出し経験をさせてみたが、この試合は力
の差が大きく感じたね。
残念ながら前回の交流会同様、この時点でチーム内の力の
差が大きく出ているのは否めない。
それでもまだ新チームがスタートしたばかり、チャンスは
皆に与えます。
その少ないチャンスをものにするのも個の意識だけ。
試合に出れればそれで良い?という考えだけは問題外。
常に進歩、進化する為には普段の練習で得たスキルを
自身のものにして、それを武器として実践で使えるように
するかが大事。

今日の前半の試合でも最近やり始めた練習を早速取り入れ
てた奴がいたが、俺はそんな細かなところを見ていて、
そんな奴は見逃さずにしっかり引き上げていきます。
頑張っている奴が損をしないようにね。

1617592881390.jpg

ここのクラブの方々、皆気さくな方ばかりで中学生相手
でも決して馬鹿にしたようなプレイもなく要所で締めて
お相手してくれた事に非常に好感が持て、かつプレイ的
にも良い勉強をさせて頂きました。
そして嬉しい事に以降も月1程度でお相手してくれるとの事。
個のフィジカルは勿論、メンタル強化にも繋がるし当然経験
値アップ、チーム強化にもなるから本当に有難い話しです。
それに小学生から知った子やOBがいた高校の先輩達も
いて楽しい時間を過ごさせて頂き有難うございました。

もし以降もお相手して頂けるならこの今の差を少しずつ縮め
試合になるよう今後もチームあげて精進していきます。

お忙しい中、貴重なお時間を頂き感謝です。
今後とも何卒宜しくお願い致します。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground