FC2ブログ
2019-10-26

長野県遠征

本日は日帰りで長野県に遠征に行ってきました。
クラブチームでありながら比較的中体連所属の学校
とも交流のあるBEATだが、今年も長野県の中学校が
主催する強化交流会に参加させて頂きました。
この時期既に3年生が引退し今日は2年生が主の新
チームになっていたが1試合でも多く実践練習がしたい
という事で2つ返事で参加させて頂きました。

現在は最後の仕上げの時期、本番に向け今試している
ディフェンスがどこまで機能するか或いは終始相手に
合わさずうちのスタイルを貫けるかに拘って挑んでみた。

朝一番から終日までハーフゲームの計6試合が組まれて
おり、試合毎にシュチエーション練習をさせて頂いたが
参加チームの中には県大会出場クラスのチームや県
トップチームの対戦もあったりと下級生相手ながら十分な
練習をする事も出来ました。

そしてこの日は地元の高校も1校参加しており、予定には
なかったが最後無理言って1試合お相手して頂き非常に
良い経験もさせて頂きました。

練習した事を実践で披露する事も大切だが、常に相手が
違うわけであり、相手に応じた攻め方、守り方を見極め、
即座に調整、修正する応用力も必要になってくる。
そんな意味で本日は数多くの微調整も出来たのが収穫
だった。

最後に対戦して頂きました各チームの皆様、終日誠に
ありがとうございました。
また機会がありましたら是非ともお相手して頂けます
よう宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



2019-07-28

久々に!

本日は高校からお声かけ頂き午後から交流会に参加して
来ました。
ここ1ヵ月ほど部活の総体の為にBEATの活動は自粛して
いたが、ほどなく地区予選は終わり部活を引退した面々も
多くいたので2つ返事で快諾、参加させて頂きました。
ただこの期間、練習こそ休んではなかったので身体はなま
ってないもののチーム練習は一切しておらずBEATが求める
スタイルからは遠く離れてしまっているのでそこに合わせれ
るかの不安はあった。
暑い中の半日だが先ずはアジャストしながらうちのスタイル
に慣れていってほしいところ

さて本日お邪魔させて頂いた高校はBEAT OBが通って
いる学校、そこに他ジュニアチームが2チーム参加しており
計4チームでの総当たりハーフゲームが組まれていた。
初戦の高校生相手の対戦、平均的に上背がありハードな
DEFをしてくる相手に押し込まれやりたい事をやらせて貰え
ない状況が続き終始後手にまわってしまう。
やはり普段の中学生レベルの戦いをやっていては何も通用
しません。
格上を相手にすると課題が見えると言われるがまさにそれ、
特にディフェンス力の無さを痛感した。
BEATは今も昔もディフェンスチームとうたっているが、
そこに拘るならそれなりの練習が必要。
今一度回帰しなければと実感した試合となったね。

2、3試合目はクラブチーム同士の対戦だが先の試合の修正
をしながら要所をしめて快勝。
そして最後、無理に高校生との再戦をお願いしました。
相手のお気遣いでメンツを落としてもらい何とか良い勝負は
させてもらったが1ゴール足らずに負け。
怯まず向かっていく姿勢が先ほどよりはマシな試合となったが、
この動きを現在の最低ラインと思ってほしい。
常に全力で全員が走って全員で守る、以降いつものこの
スタイルに徐々に近づけていく練習に切替えていきます。

1564473182422.jpg

いくら高校生とは言え↑こいつ等には負けたくなかった(笑)
またいろいろ教えてあげて下さい。
お疲れさん。


本日は猛暑の中、対戦して頂きましたチームの皆さん
有難うございました。
これからも何卒宜しくお願い致します。


2019-06-16

Gフェス

本日は岐阜県で行われた交流会にお声掛けして頂き終日
の練習会に参加。各地域の中体連上位チームが集まる中
場違いながらうちのようなクラブチームも呼んで頂いたが、
あくまで趣旨は夏の総体を見据えた県内の強化練習会。
県外でかつ総体とも関わっていないうちが呼んで頂いた
のはやはり練習相手になる為。
その意にそぐわないよう戦っていきたい。

もっともこちらも現在一杯一杯の状態で胸を貸すどころか
逆に借りたい方。前回の大会を経て考え方を変えなけれ
ばいけないと思った矢先の交流会、ある意味良い機会を
頂きました。

20190616_105713.jpg

さて、この日は午前中ハーフゲームを3本に午後から3Q
で2試合組まれており、たっぷり練習が出来る環境はある。
これまで良かれと思って全員に平均してチャンスを与え
参加メンバー全員で時間をシェアしながら試合をこなして
きたが、そろそろチーム作りにおいて限界が生じてきて
いる、先ずは安定したチーム作りを目指し我慢しながら
形作りをしていこうと思います。

午前中のハーフゲームでは試合の流れをみながらOFF、
DEFを変化させる事、相手に応じてDEFを対応する、
そして個々が役割を理解し1Qを責任持って全力で走り
きる、ここに重点を置いて挑んでみた。
結果初戦から相手のスコアラーを把握し要所で抑えなが
ら早い段階で攻撃に繋げるうちのスタイルで推移して
いき全ての試合に危なげなく勝利。

ただ現在課題であるシュート力の不安定さは未だ修正
出来ず。ここ1本ほしいという時にクラッチシュートを
決めてこれる者もいない。
シュートはチームに託された個の責任部分、その重要性
を先ずは意識してほしいところ。

20190616_152537.jpg

この交流会は8チームが2つのブロックに分かれ、両ブロ
ックの勝敗で順位を決めるようになっており、午後から
逆ブロック2位チームとの対戦から始まった。
相手は運動能力の高めな選手も多数いたがスタイルと
してやや荒め、どんな状況でも自分の形を崩さず普通に
こなす事も1つの練習。
試合はディフェンスを終始オールコートで当たって快勝
はしたもの、ファールをされて満足、ボーナスが貰えて
もFTを決めきれずファールされ損で終える。
まだまだ心が弱いという事だね。

そして本日の最終試合は決勝扱いの試合。
相手は大柄の県選抜エースを要する強豪チームの1つ。
試合前のスカウティングから抑え処をしっかり決め徹底
した結果、この試合も快勝。
時に集中力が切れた雑なプレイ、容易なシュートを落とす
などまだまだ多くに課題あったが現段階でやりたい事が
表現でき、かつ結果もしっかり残せたところは次に繋がっ
たのではないだろうか。

最後に本日交流をさせて頂きましたチームの皆様終日
有難うございました。
皆様のご活躍遠くからお祈りしております。

2019-05-06

焦らず

GW最後の休みは岐阜県で行われた交流会に参加。
この日は岐阜県、福井県から県上位レベルの力がある
中体連チームに滋賀県からはクラブチームも参加し
レベルの高い良い練習が出来る環境を頂いた。
現時点の力がどこまで通用するのかを図る絶好の
機会、スタイルだけは曲げずに全員がそこに拘って
戦ってほしいところだ。

初戦から全ての試合でディフェンスラインによって
チームの約束事を入れタイトに守りそこから即攻撃に
転じるうちのスタイルを徹底してみた。
OFFは試合の入りから速攻、アーリーオフェンス等
ハマった時は非常に良い場面が幾度か見られ、DEF
に至ってもタイミング良く入るチームディフェンス及び
スチールも飛び出し決して悪くはなかったものの、
ここぞというところで凡ミスや集中力の切れたプレイ
が顔を出し流れを掴み続ける事が出来ない場面が
多く見られた。
さらに面子を所々で入れ替えいろいろ試してみるが、
役割、バランス合わず良い形を生めないでいる。
結果的には全ての試合に勝利したが安定力は無く
多くの課題が見つかった日となりました。

安定を図る、精度を上げる為に課題を練習で詰めて
いかなくてはいけないが、そろそろそのスピードを上げ
ていかなければちょっと危険かな。
正直チームとしてやりたい事は多くあり、上のレベルに
合わせてどんどん先に進めていきたい思いがあるが、
その裏腹でまだ底上げ、全員で競争しあって個のスキル
を伸ばしてあげたい気持ちもあってそこまで割り切れ
ない今の自分がいる。

今日の交流戦もB戦を含む3クォーターの試合を15名の
メンバー全員でほぼシェアし戦っている状況で必ずしも
勝ちにも拘っていなかった。
対外試合で多くのことを学ぶ機会があって「今は」その
チャンスは全員に与えたい。
だからうちの奴らも試合に出れているだけの満足感だけ
ではなく、その思いしっかり汲んで責任あるプレイを
心掛けてほしいね。

まぁ、ポジティブに考えるならチームの雰囲気は非常に
良く皆楽しく真剣に取り組んでいる事と結果的に牛歩
レベルであるがチーム力は上がっているから「今は」
焦らずやっていくしかないのかな。

最後に本日対戦して頂きましたチームの皆様有難う
ございました。
今回を機にまた広く交流させて頂きましたら幸いです。

2018-11-25

関市交流会

日曜の午前中は岐阜は関市で行われた交流会に参加。
この交流会の対象は2,1年生の新チーム、中体連は既に
新チームがスタートしており県内外、各地域で新人戦が
行われています。
うちもこの日は2年生を引き連れて参加させて頂きました。

そしてお相手は岐阜県の部活チーム。
BEATは複数の部活動メンバーが集まったクラブチーム
ですが地域、レベルを選ぶことなく予定さえ合えば、どこ
へでも行くのがうちのスタイル。
こういった活動が多くの横の繋がりを生むからです。
もっとも選ぶほどのレベルじゃないというのが正解かな、
とにかく1つでも多くの交流をさせて頂き、経験、練習を
したいというのが正直なところ。

またこの日は実はテスト週間真っ最中。
今日もテスト前ながら多くのメンバーが時間を調整して
参加してくれた。
年間、多くのカップ戦、大会に参加しているBEATだが、
このようなケースは稀ではありません。
今後も自己管理、計画を経てて活動をしてほしいと思い
ます。

1543331576711.jpg

さて、今日は3チームの部活にBEATが入り4チームで
時間いっぱいまで試合の予定が組まれてました。
参加チームは岐阜県の新人戦で県大会に出場するほど
のチームで決してレベルは低くない。
3年生が選手権を向かえる前で2年生はBEATメンバー
でのチーム練習は一切していないが、そこはポイントを
決めて挑んでいきました。

当然BEATで最初に行うところはディフェンスから。
1線の当たり方からピックアップの早さ、カバーリングの
ポジション並びにスクリーンアウトまで守りから攻撃を
仕掛け、速いトランジションでオフェンスに繋げていく
BEATスタイル。
おおよそながら1試合目からある程度の形もでき序盤
から流れを掴みそのまま勝利。
2試合目以降は精度を上げながらディフェンスラインも
変えいろいろ試しながらも全員参加で快勝。

1543331630200.jpg

オフェンス部分に関してはボール離れを意識しながら
ゴールへのアタック、そしてネクストの攻撃を入れるといっ
た、いたってシンプルに攻めていくもの。
イージーなシュートを多く外し俺がズッコケル場面も多々
あったもの、それでも結果的にB戦を含んでハーフゲーム
を6本、全て危なげなく展開し終える事が出来ました。

新チーム(現2、1年生)のスタートは3年生が引退した後。
まだまだチームとしてはスタートはしていないがBEATの
スタイルは十分に意識して動けていたのではないだろうか。
さらに参加メンバー全員で時間をシェアしポジションを固定
せずオールアウトで動く、これもまぁ、やれてた方かな。
何1つチームの約束事も決めていない中、それなりに動け
ているのは日曜の試合形式の練習を繰り返してきたから
だと思う。
やはり練習は嘘はつきません。
自分達の時代が始まるのももう間近、モチベーションを
上げてそのまま入ってほしいところだね。

最後に貴重なお時間を頂きました各チームの皆様、半日
ですが誠に有難うございました。
また機会を頂けましたら是非とも交流下さいませ。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground