FC2ブログ
2020-04-07

残念ながら

拡大の一途をたどる新型コロナウイルス、事態は収束
の見込みもないまま、先日、近隣地域の中学校が2週間
の休校延長が決まった。
さらに追い打ちをかけるように先ほど緊急事態宣言の
発令された。
以前からそれなりの自粛はしてきたものの、これらを
受けてBEATは引き続き当面の練習の中止を決めました。

新年1月から日に日に上り調子になってきた個、チーム、
それを見てると本当は人知れず影でこっそり練習して
バスケを人一倍楽しみたかった、滞っていた新1年生の
練習会だって無理にでも行って多くの体験させたやりた
かったという思いも正直あった。
多少の障害なら今までなら普通に強行してた。
けど、もうそんな事も言ってられない状況となってしま
った今はほんと我慢のしどころだ。

聞き伝えによると、愛知県は緊急事態宣言の地域に指定
されておらずJBA、連盟からの強制中止という要請も無い
から使える体育館で普通に練習するというところもあると
いう。強いところは当たり前にやってるんだって。
羨ましいね、そして勇気があるね。

まぁ、身近に感染者が出ていないという安心感がある
のだろうが、俺、悔しいが小心者なんだよね。
ここまでマスクをする事もなかった自分が日常するとは
思いもよらなかった、自分の身体なんて今さらどうでも
良いが他の人にうつしてしまったら、万が一チーム内で
感染者が出たらという事を考えると怖い。
あとあと後悔したくないだけの単なる臆病者に過ぎません。

だけどね、収束したあかつきには「ゲップ」が出るくらい
ガッツリやってやるよ。
小心者だけど人一倍負けず嫌いだからその辺には簡単
に負けないチーム作ってやるって。

だから今は我慢し、くれぐれも予防しながら自分の身体に
気をつけて過ごして下さい。

スポンサーサイト



2020-04-06

10 anniversary🎵

2010年から始まったBEAT Jr.もこの4月で丸10年を経過し、
新たな節目を迎えた。
設立時はスタッフ3名に中学1年生の5人のみでスタート。
当初はまだ何も分からない状態で後先も考えずにエイヤー
で始めてしまったが、それでも先ず10年という目途を自分
に課してここまでやってきた。

この10年間、多くに方々に応援、支援され無名でデコボコ
なチームも年々幅広い地域からのチームと交流し少しずつ
認知されるようになると、今では毎年安定して40名ほどに
なるチームとなりました。
そしてその中の教え子も戻ってきて今では一緒に指導者
として活動をしている。
まさに10年前にスタッフ間で話していた「いつかは」という
願いも今まさに現実になった。

いろんな思いはあるが、ここまでのBEATを辿ってみた。

1期生、
1期

2期生、
2期

3期生、
3期

4期生、
4期

5期生、
5期

6期生、
7期

7期生、
6期

8期生、
8期

9期生、
9期

俺の自慢な教え子達、ここまでざっと87名の選手を送り
出したが、10年前から今年までのメンバーは勿論ながら、
要所で起こった場面は今でも忘れてはいません。
毎年、1年はあっという間という話しをその年の親御さん
ともお話しはするが、正直この10年も早かった。
BEAT自体が自分の生きる上のルーティンに入っていて、
それだけ充実した日を送れた証拠なんだろうね。
感謝、感謝。

そしてこの4月から11年目に突入。
新たな節目までもう一踏ん張りしようと思った矢先、新型
コロナという想像もしてない見えない強敵と戦うところから
スタートする過酷な年となってしまった。

せっかくここまで築いてきたチーム、今年のメンバーも最後
まできっちり面倒をみます。
勿論、この情勢だから決して無理は出来ないが、最後は
必ず笑って終えれるよう今は我慢しながらその準備に備え
ていきたいと思います。

BEATのOB達よ、また何かあったら助けてな。

2020-03-19

お疲れ様でした♪

本日、卒団する3年生達全員が吉報、近況報告を兼ねて
訪れてくれました。

先ずは、『合格おめでとう』♪

皆それぞれ進学先も決まり嬉しい報告を貰ったが今回の
ウイルス騒動で残念ながら盛大に行う予定だった三送会は
勿論ながら最後の卒団式さえ中止となり、区切りの整理が
出来ないというのが正直な気持ちだ。
ただ相変わらず笑顔で寄って来て馬鹿話をする奴らを見て
まだ救われたよ。
BEATと言えば昔から厳しい?という噂も流されるくらい
のチームなんだが、ことこの年はほんと笑顔の多い年で、
最後も笑顔で終われて何よりだ。

22538.jpg

思い返せば、あっという間の3年間で最後の1年なんて
ほんと光の如く時が過ぎていった。
その中身は非常に濃いもので数多くの体験、経験を
させて貰いながら奴らの成長する姿を傍で見る事も
出来たし、同時に俺も奴らと一緒に楽しく活動をさせて
もらう事が出来ました。
結果、充実した日だったからこそそう思えるのだろうね。
俺自身、指導はしているかもしれないが、奴等がいて
始めて活動が出来ている事は忘れていません。
ほんと今年もいろんなところに連れってくれて
「ありがとな」。

そして、今夜頂いたDVDを早速見させて頂いた。
まだ先日くらいの光景に思えるものばかり、それを見
てたらぶっちゃけ、まだ足りない!もっとやりたいと
いう気持ちにかられてしまった、しかし、そんな我が
ままももう叶わない。
だから次のカテゴリーでの活躍を期待してます。

本来なら卒団式典で直接手渡すはずだった在団生並び
にスタッフからの気持ちを込めた贈り物を本日1人1人
に手渡ししました。

あらためて、『BEAT Jr. 卒団おめでとう』♪
この代も強くて皆から応援される良いチームになったぞ!

2020031800054733f.jpg

この日、卒団生及びそのご父兄からも多くのお返しを
頂きました。
我々スタッフには心のこもった記念品と送る言葉の
メッセージを全員に、チームには今年はデジタイマー
を贈呈して頂きました。
大切に使わせていただきます、有難うございました。

この年代も多くの交流会、大会参加があってたくさんの
ご父兄の皆様にご協力頂きましたが、無茶振りにも一切
文句も言わず最後まで好きなようにかつ楽しくやらせて
頂いた事には大変感謝しております。
ここまで滞りなく活動出来たのも親御さん達のバック
アップがあったから、そして子供達同様いつも笑顔でかつ
全力の応援はさぞかし彼らの力になっていたでしょう。
3年間お世話になり有難うございました。
子供達がOBとして練習に参加する際は一緒に顔を出して
お声掛け下さいね。

最後にまだ予断を許さないこの情勢ですが、時は止まらず
進んで行きます。
高校は人生に於いての1つの分岐点になるところ、自分の
やりたい事も決してやりたくもない事だって前向きにそして
BEATらしく常に全力で取り組んでほしいと思います。
くれぐれも怪我には気をつけご活躍する事を心よりお祈り
しています。

3年間お疲れ様でした♪


PS.
時間が空いた時はたまにはBEATの練習に顔を出してな。
お前達が帰ってくる隙間をいつも空けて待ってます。

2020-03-12

祝卒団♪

本年度最後のメインイベントであった2019年度メンバー
の『卒団式』中止。

新型コロナウイルス蔓延に伴いやむを得ずという苦渋
の決断をしてしまったが痛恨の極みだ。
ここまで開催時の改善、縮小を模索しながら何とかと
いう思いで進めて参りましたが既に世界規模で起こっ
ている事情も考慮しての泣く泣くの判断・・・、
ゴメンなみんな。
昨年同様、豪華に地元のホテルを借りチーム全員で送り
出し最後は笑顔で終えたかったが本当に残念に尽きる。

それでも、これまでBEATを支えてくれた3年生達、
一緒に戦い抜いてくれた自慢の教え子達よ、
ここまで一緒に過ごしてくれて「有難う」♪

 
こんな中だが、これまでを振る返ってみると卒団予定の
8校から集まった13名のメンバー達の代もやはり非常に
思い入れのある年だった。
『147日』
これは昨年度の練習日及び週末に参加した大会等の
累計した日だが、奴らとは年間を通して2.5日に1度、
顔を合わせている計算となる。
たかがバスケでいい年した爺じいが中学生達とどんだけ
一緒に時を過ごしているんだろうね(笑)
まぁ、それだけ充実していて楽しかったという証だろう。

新チームスタート時、平均163cmというBEAT史上最も
低身長だったこのチームに頭を悩ましチーム作りにも
試行錯誤したっけ。
ただこの年の面々、真面目の子も多くかつ「言葉を受け
入れる心」を当初から持ち合わせていた。
だから練習をやればやるほど個のレベルもチーム力も
少しずつ上がっていき、最後は何とか頂点も狙って
みようというところまで行きついた。

line_59991505443674.jpg

結果、最終目標である大会こそ思い通りにはいかなかっ
たもの、年間に参加した19もの大会、カップ戦では9度の
優勝に3度の準決勝、2度の3位入賞と十分過ぎる結果も
得た。
どこへ行っても「背があったら」って言われ続けてきたが
上背が足らなくとも、うちのスタイルでも十分通用する
という事を奴らが自ら証明してくれましたね。

さらに今年は合う人合う人に「大人しくなったね」って
言われました、俺がね(笑)
いやいや大人しくなったのではなく、そこまで声を荒げて
言う必要がなかった年だっただけ、だから奴らとは普通に
会話が進み時には馬鹿話しも出来るようにもなった。
むしろ奴等の方が空気も読めて俺より大人だったのかな。
ベクトルが同じ方向に向きメンバーとの温度差が無くな
った時からチームが上向き楽しさが増したのは言うまで
もない。

そして今年も多くの方々に応援され、必死に頑張って
きた奴らを一番の「特等席」で観れた事が誇りに思い
大いに感謝しています。

20191013_163213.jpg

よく笑顔があった年、こんなイレギュラーの年だった
からこそ生涯忘れないだろうね、この代は。

選手権最後、試合後のスタッフ龍星の涙・・・。
泣けれるほど悔しくって人を泣かすほど頑張る事なんて
人生の中でも、そうそうない事だよ。
しかし、その涙を見て爆笑はねぇだろ、この野郎!(笑)

でもね、そんな人達が多くいたのも今年の代なんだよね。

line_39086240565187.jpg

この情勢、まだまだどうなるか分かりません。
ただ奴らはここを卒業して次のカテゴリーでもバスケを
続けてくれるなら応援し続けます。
本当なら卒団式で1人づつ思いを声にして直接伝えた
かったが、残念ながらそれも出来ずじまい。
次はOBとして皆で元気な顔を見せて下さい。
その時またいろいろ話そまい。

ほんと、「3年間お疲れ様でした」。

2020-02-28

「体験会中止のお知らせ!!」

3月10日(火)に行う予定の新1年生
体験練習会ですが、新型コロナウイルスの
影響も考慮し体験会は中止と致します。

ご連絡取れないご家庭もありましたので、
こちらでもお知らせさせて頂きました。

どうかご理解ご了承くださいませ。

体験会につきましては、活動できる
状態になった上で改めてBEAT Jr.
ホームページにてお知らせ致します。


Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground