FC2ブログ
2019-10-13

「愛三岐杯」

愛知、三重、岐阜県のクラブチームが集う「愛三岐杯」
今年も予定が組まれておりましたがこの週末は非常に
勢力の強い台風が直撃。
安全を考慮して初日は中止、翌日1日のみ臨時開催と
なりました。

この日は当初予定のブロック予選と順位戦のみ、時間
的に余裕もない為全てハーフゲーム、それでもこの貴重
な時間を大切に使っていきたい。
ここ2週間の練習ではディフェンスの練習に時間をあて
細かなシュチエーションを想定しいろいろ調整してきたが
予選からそこに拘っていきたいところ。

line_796903517800082.jpg

初戦は序盤からそのディフェンスが効いて一気にロケット
スタートをきる、後半に入って他システムを試しながら
先ずは快勝。
2試合目、先の試合と違うディフェンスから入り良い形で
推移していくもオフェンスが噛み合わず拮抗した試合に
なってしまう。
それでも最後は時間と点差を見ながらメンバーを変えて
この試合も勝利。
そして予選の3試合目にはベンチメンバーも全員出場し
危なげなく勝利しブロック1位で通過した。

最後の決勝、本来ならもう1つのブロックの1位との対戦
だったがその相手が県内チームだった為、大会主催者
の考慮で別チームとの最終戦を迎える事となった。

line_796876986969936.jpg

その最終試合は同じく岐阜県のクラブチームだが既に
対戦済みとあって相手に適したディフェンスを組んで挑ん
だが最後のツメも甘く思うように流れを掴めないでいる。
相手が攻めあぐんでいる状態でオフェンスで自ら自滅、
今年よく見る光景だが、最後はここも調整を図っていき
本番を万全で迎えたいところだ。
結果残り5秒で同点に追いつかれてしまうも最期のプレイ
でブザビで辛くも勝利。

この日失点も最小限に抑えとりあえず練習している成果
は出ているが先に挙げたようオフェンスが繋がらない。
いくら走っていくらディフェンスで頑張っても肝心な得点を
取れなくては正直バスケの試合にはならない。
本番まで残り少ない時間しかないがそこもしっかり詰めて
いきたい。

20191013_163213.jpg

最後に台風の影響で大変ご苦労があったと思いますが、
迅速に対応、運営して頂けました主催スタッフ様並びに
保護者の皆様誠に有難うございました。
1日でありましたが有意義な時間を過ごさせて頂き感謝
です。

これからもどうか何卒宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



2019-10-06

第2回春駒カップ 2日目

昨夜はいつものように指導者同士の懇親会に参加させて
頂きました。
普段は出会いのない幅広い地域の方と情報交換できる
のはこういった場だけ。さらにこのような場所に顔を出す
指導者の方々は皆さん熱くかつ楽しい方ばかり。
この夜も来年以降に繋がりが出来るお付き合いをさせて
頂き有意義な時間を過ごす事が出来ました。
ご参加の皆様有難うございました。

さて春駒カップの2日目、BEATは順位戦に回った。
正直勝ち負けの関係ないこの日はベンチメンバー全員
参加で実践の中で練習させて頂きます。
勿論、力は一切抜かずの全力で挑みます。

line_472111202198836.jpg

初戦は長野県のクラブチームに2試合目は主催チーム
との対戦。
どちらもディフェンスシステム中心でいろいろ試しながら
対戦させて頂きました。
相手がいて成長させて頂ける、そこに感謝しながら次に
繋がるプレイを表現してもらいたいね。
対戦して頂けましたチームの皆様2日間誠に有難うござ
いました。

本番に向けてこの大会ではディフェンスに拘っていろいろ
試してみた。オフェンス力も決してある訳ではないが両方
中途半端で終わりたくなくうちの原点に戻っただけ。
せっかくならこの経験を生かして最後に笑いたいな。

そして最後は参加チーム全員で「春駒踊り」で締めました。
最後の最後まで大いに盛り上がった大会でしたね。

line_472147022414343.jpg

最後に大会主催のご父兄の皆様並びにあいちゃん、
2日間運営におもてなしに尽力頂き誠に有難うございました。
来年もまた楽しもうね。

どうかこれからも宜しくお願い致します。

2019-10-05

第2回春駒カップ 初日

この週末は郡上八幡で行われた「春駒カップ」に参加させて
頂きました。
まだ今年で2回目ながら今回は非常に内容が濃い大会だ。
先ず後援は郡上市の教育委員会、協賛はバスケプロショップ
のPOWER HOUSEそれに今回はバスケ界では知らない人も
いないだろう「まぐろさん」もスポンサーになっている。
いやはや楽しみな大会である。

XXXXXXX.jpg

環境もさることながら参加チームも幅広い地域から参加。
主催県の岐阜は勿論、東は栃木、茨木、神奈川、静岡に
長野県、西は滋賀、京都に大阪府から12チームが集結。
レベルも全国レベルのチームもいくつかおり先週のカップ
戦に引き続き非常に良い経験が出来るのは有難い限り
です。今回は勝敗より先ず内容、来月に繋がるモノを
掴んで帰りたいと思います。

さて今大会の初日は4ブロックからなる予選からスタート。
BEATの初戦はいきなり本大会の優勝候補との対戦。
月バスにも載るくらいの超有名クラブでトップで活躍する
選手を多数輩出しているという。
実は昨年に一度お手合わせしているが今年も怯まずに
挑んでいきたいところ。

line_425042994649918.jpg

その序盤、相手に合わさず現在練習中のディフェンス
システムから入っていったがその入りも悪くなく互角の
展開から始まる。2Qからメンバーを少しづつ変えてみる
とミスが出だし徐々に点差を広げられてしまう。
後半になっても入る選手ファーストプレイでターンノーバ
を繰り返しかつフィニッシュも非常に遠い。
結果この試合は大敗で終了。
ミスから流れを掴めずイージーなシュートすら決めれ
ないよくある現在のうちの非常に悪いパターンだ。

line_425062295400014.jpg

そして2試合目、先に対戦し大敗を喫した相手に僅差で
勝利したやはり優勝候補でレベルも当然全国区。
何とか修正しながら同じ過ちを繰り返さないようにしたい。
序盤、先と違って早い段階でフィニッシュが決まり先制
する形で推移していき良い流れをキープ。
2Qに入り一気に失速し同点に追いつかれるも大きく離さ
れず膠着状態になっていく。
後半に入ってリバウンドを取られ出し少しずつ点差を
つけられるがまだ1桁代のビハインド。そして最終Q最後
にオールコートディフェンスを仕掛けるがこれは全く機能
せずこの試合は惜敗で終了。

まぁ、序盤からやりたい事を試して相手を嫌がらせる事
が出来たのは大きな収穫。
ただ先の試合同様シュート力の無さはちょっと酷過ぎる。
正直決して難しいシュートを打っている打たされてる感は
なく自ら自滅しているようだ。

レベルの高いチームとの対戦で学ぶ事は多いが、課題
として残すだけではなく克服する事が大事。
本番まで時間も残り少ないがもう一度持ち帰って練習で
最後の調整を図っていきたい。

2019-09-30

「想定」

幅広い世代のOB達が時間を見つけて練習日に顔を出し
てくれるのはBEATらしいところ。
今でも毎年高校、大学、社会人になっても普通に遊びに
きてくれ現役達に力を貸してくれます。

そして本日の夜練習はちょっとイレギュラーな練習と
なった。OB達が通う大学生がBEAT外メンバーも引き連れ
て練習に駆けつけてくれた。
中学、高校では各学校で一線でやってきた猛者ばかりで
レベルはハイレベル。
ポジション、バランスはよく強いフィジカルに180cm代の
高身長の選手数名と本番に向けての練習と言えども勿体ない
くらいの良いメンツだ。

せっかくなので本番を想定して今やっているディフェンスの
チェックをしながらお相手願った。
流石は現役の大学生達、楽しみながら良い具合に力を調整
して相手になってくれます。
勿論点差の結果こそ相手にならないものの彼ら相手に何
とかヒントを貰いかつ手応えも掴みました。

やはり格上相手の練習は良い練習になるね。
足らない箇所が浮き彫りになり次へのステップになります。

20190929_204956.jpg

貴重な時間をもらい有難うございました。
良い練習が出来て感謝。

でも親馬鹿ならずコーチ馬鹿じゃないけどうちのやつらと
その仲間達は良い奴ばかりだね。

また遊びにきてな、お疲れ様。

2019-09-29

SFJカップ

本日は岐阜で行われたストーンフィールドジュニア
カップ開催、3年生主体の大会だが同日既に違う
カップ戦が入っていた為、無理言って2年生で参加
させて頂きました。
有難い事で毎年多くの大会、交流会にお声掛け頂いて
いますが日程によりどうしても被ってしまう事が多く
なってきている近年。本来ならお断りすべきかもしれ
ないが他学年の経験もさせたいという勝手のお願いを
2つ返事で快諾して頂けるチームばかりで今回も甘え
させて頂きました。
本当に感謝するばかりです。

line_319287640130576.jpg

さて現2年生せっかくのチャンスだが残念ながら怪我人
が非常に多く本日は僅か8名で参加。
それでも言い訳もせずいるメンバーで全力で挑んでほし
いと思います。

またスタッフも私が3年に帯同する為、今回も大先輩の
コーチンさんにベンチをお任せしました。
既にメンバー全員の名前、ポジション、スキルも知って
おりそこは安心して任せる事が出来ます。
いつも応援、ご協力有難うございます♪

line_319279749463964.jpg

本日終了後にコーチンさんにこの日のお話を事細かく
お聞きしました。
3年生相手に果敢に挑み結果はまさかの準優勝で良い
形で終わったように思えたが中身はかなり悲惨のモノ
だったよう。
個人的な部分は差し控えるが個の足の無さ、OFF、DEF
共にスキル不足、そこに加えバスケIQの低さと全ての
面で及第点ももらえず仕舞い・・・。

でもその厳しい言葉は上を目指しているチームだったら
これでは?っという高いレベルのお話し。
そこに加えメンタルや取り組み姿勢もまだまだとの事。
同格、格下相手に勝って楽しく思い、ちょっとレベルが
上がった瞬間何も出来なくなって下を向く、その考えは
BEATスタイルじゃない。
もっともこれは当の本人達も重々分かっている事だろう。

BEATの事を知っているから、毎年傍で応援してくれる
コーチンさんだからこその目線でいろいろ指導をして
頂きました。
今日貰った多くの言葉を真摯に受け止め今の結果に決
して満足せずより上を目指してこれからも戦ってほしい
と思います。

先ずはお疲れさん。
次はもっとかっこよく写真に写ろまい!

1569833971156.jpg

ところでこの大会の夜は懇親会があり自分は滋賀の遠征
先からとんぼ返りで参加。
この日は指導者の懇親会と思いきやストーンフィールドさん
のプライベートの飲み会だった(笑)
ストーンのスタッフにたくさんの親御さん達に紛れて一緒に
楽しい時間を過ごさせて頂きました。

最後に朝から夜遅くまで大変お世話になりました。
良い仲間たちに助けられながら活動をさせて頂いている
BEATは幸せなチームです。

有難うございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

Copyright (C) 愛知ジュニア・バスケットボールチーム BEAT jr.ブログ. All rights reserved. Template by Underground